理想的な健康・長寿のための最適な食事とは

今回は植物由来の食事の素晴らしさ、食品・医学・医薬品の業界による利権についてお伝えしたいと思います。

なぜ動物食や加工食品などが健康に害を及ぼすと広めないのか。

これに気づけても実行できないのはにほんじんの悪いところでもあるでしょう。

今回はクローン病・潰瘍性大腸炎の人も参考になる記事となっています。

 

植物由来の自然食品の素晴らしさ

まず植物由来の自然食品を主食とする人は、
長期的な健康と望ましい細身の体型をもたらします。

1日1食のファスティングを加えて実施している人は、細身の体型かつ肉を主食とする人の独特な体臭も
消え去り免疫力は常に高い状態にあり、まさに健康体と言える完璧な状態を維持できるようになります。

様々な種類の果物、野菜、穀物、ナッツ、種子類を摂取することで、
カロリー値、炭水化物、脂肪、タンパク質、ビタミン類でさえ個々の細かい数値を心配する必要はありません。

植物食の構成成分はほとんど炭水化物のため、炭水化物のカロリー構成比は80%近くであり、
残りが脂肪10%、タンパク質10%となります。

ただし偏った摂取方法や暴食をすると数値は変化します。

 

疾患予防に働く植物由来の自然食品

抗酸化力が特例的に多い食材と複合炭水化物群を提供し、
脂肪・タンパク、ビタミン・ミネラルを最適量供給することで
疾患予防に強く働くのです。

多くの人々が間違うサプリメントによる栄養補給については効果はありませんので、
購入し摂取する行為自体が愚行と言えます。

残念ながら食生活を見直さなず、サプリメントでダイエットでき
長期間維持できるケースはありません。

大腸がんの罹病率の低下、血中コレステロール値の抑制、
乳がん罹病につながるエストロゲン値の低下と関連づけられています。

 

どのような疾患を予防できるのか

植物性の自然食品をバランスよく摂取すると

心臓病

糖尿病

膵臓がん

肝臓がん

黒色瞳

自己免疫疾患

上記のような重篤疾患の予防が可能です

また、疾患の進行を止め、状況によっては治療する効果があるのです。

 

栄養学は健康のマスターキーである

医学・厚労省も栄養学は健康にとって小さな役割しかないかのような扱いをします。
健康の切り札は私たちが口にしている食べ物ということになります。

医者のほとんどは、病気を防ぐには処方する薬よりも食べ物の選択のほうがずっと効果的であることを理解していません。

または解っていたとしても利権のため、偽りのデータを本物のように創り上げてしまう
悪しき風習が当たり前のように横行しています。

例えばワクチンを勧める医者は、自分の子どもにワクチンを打たせていません。

自分たちさえよければ、人間は金儲けの道具であるという思想が当たり前になっているのです。

 

クローン病・潰瘍性大腸炎を患い、下血が止まったのに薬を服用され続けているのに
治ったと錯覚してる人は多くいます。

症状に蓋をしているだけなので、食生活を見直さなければ、そのうちオーバーフローし確実に再燃します。

そこから医者のシナリオ通りにすすみます。

最終的にはステロイドを使用し、内臓を破壊します。

つかいものにならなくなった内臓を撤去する手術費用で一儲けし、
内臓を撤去したあとはストーマで死ぬまで通院させ稼ぐわけです。

まず食生活を見直すことが何より大事だと理解しましょう。

完治している人は植物由来の自然食品を摂り、酵素を大量に身体に入れ、内臓を休ませる食生活をしています。

自分でやるか、医者にやられるか2択しかありません。

はやく気づいて薬から脱却し、食生活を見直しましょう。

 

この記事が良かったら応援お願いします

↓↓


潰瘍性大腸炎ランキング

最新情報をチェックしよう!